2006年05月30日

さつき祭り てくてくコース

5月27日(土)と28日(日)、三原市で「さつき祭り」が開かれました。そのイベントの一つとしてアゼリアガイドさんの「さつき祭り てくてくコース」というものがあります。このてくてくコースへの参加はこれで3回目。前回はブログにも書いている「神明市てくてくコース」です。今回はカミさんの都合が悪く、おぢさん一人の参加です。

アゼリアガイドとは  三原さつき祭り

午後1時にさつき祭りの会場である宮浦公演に行きました。しかし、大勢の人はいるもののアゼリアガイドさんはいません。そうなのです。集合場所が違っていたのです。場所は三原駅の隆景広場でした…。

三原駅にある天守台で何とかみなさんに追いつき、参加することができました。駅構内には現在復元されたダルマがあります。前に駅へ来たとき、どこにあるのかと探しましたが見つからなかったもので、置いてある場所は新幹線の出口の所です。お金を払わないと見られません。

中国新聞の記事「台風禍の三原だるま復活」

satsuki-tekuteku-01.jpg

駅を出た後は「お作事通り」に行きました。左の写真は名前の由来となった作事奉行所があった場所です。作事奉行所とは、現在の建設関係の部署だそうです。今は港町公園になっています。作事奉行所はもちろん、この公園があったことさえ知りませんでした。右の写真は三原で一番最初につくられた下水道です。うどん店の「かわらい」がある所です。もちろん全く知らなかったことです。

satsuki-tekuteku-02.jpg   satsuki-tekuteku-03.jpg

今回最初に行ったお寺は「宗光寺(そうこうじ)」です。ここの山門は、国の重要文化財に指定されており、重厚なものです。その山門の手前に小さな石碑があります。説明を聞くと、何とここに徳川家康が泊まったとか。家康が三原に来ていたのか…。全然知らなかったぞ…。

satsuki-tekuteku-05.jpg   satsuki-tekuteku-04.jpg

この後も大善寺や浄念寺などを回りました。三原は市の大きさに比べて寺が本当に多いですね。改めて実感しました。浄念寺は、竹内俊子さんという童謡詩人の生家です。「♪カモメの水兵さん」という歌は、あまりにも有名です。この他、三原八幡宮や法常寺をまわりてくてくコースは終了となりました。

最後にさつき祭りの会場「宮浦公園」に行きました。祭りは終わりに近かったのでテントなどの後片づけがすでに始まっており、ピークは過ぎていました。よく考えると初めてさつき祭りに行ったのは、これが初めてです。15回目なので、15年目にして初めての参加でした。(笑

satsuki-tekuteku-06.jpg   satsuki-tekuteku-07.jpg





posted by おぢさん | Comment(0) | TrackBack(1) | 三原市

2006年05月28日

グランディーバ バレエ団

久々にお出かけしました。

午前中は三原市のリージョンプラザで行われている「竹久夢二・高畠華宵と大正ロマンの画家たち」という企画展に行き、大正ロマンというか夢二さんが描く美しい女性を堪能しました。でも、もう少し夢二さんの作品があるとよかったなあ。6月4日までです。

05-27-01.jpg


夕方からは、「グランディーバ バレエ団」の公演行きました。
福山市のリーデンローズで開かれたこの公演ですが、バレエなんぞ今まで見たことがなかったので、どんなものなのか期待していました。

このバレエ団のバレエは普通のものではなく、コメディーのバレエなので、飽きずに見ることができました。ただ笑い自体は非常に上品です。ちょっとした仕草や動作が面白かったりします。また、バレエのパロディもあるらしいのですが、元を知らないおぢさんは、そのおかしさがよく分からない所もありました。

表情豊かで面白かったです。全員男性・・・それを持ち上げ、踊るのはかなりハードだろうな・・・と、変なところで感心しました。

写真は開幕前のものです。さすがに公演中は撮影禁止なので、写真はありません。

05-27-02.jpg

こういう世界もあるんだなあ、思った公演でした。




posted by おぢさん | Comment(0) | TrackBack(0) | ノンジャンル

2006年05月20日

なかなかお出かけできぬ…。

天気はいまいち。

ちょっと仕事も忙しくて、お出かけができぬ日々が続いています。
明日の日曜日はからっと晴れそうなものの、カミさんとの都合がつかず。

三原のリージョンプラザでやっている竹久夢二展に行ってみようかな。

三原市のページ
posted by おぢさん | Comment(0) | TrackBack(0) | ノンジャンル

2006年05月12日

ポピーフェスタ&ジェラート工房Donna(世羅町)

5月6日、庄兵衛茶房で食事を終え、世羅台地へポピーの花を見に行くことになりました。世羅台地には観光農園が数多くあり、香山ラベンダーの丘もその一つです。【世羅観光協会のホームページ】

受付で入場料を払い(大人500円・小学生200円)、園内に入りました。左右にポピーの花が広がります。特に左側は面積も広く、辺り一面が「橙・黄・白」です。何でもラベンダー畑を狭くし、今年新たにポピー畑にされたとか。6月25日(日)までこのポピーフェスタは開かれているそうです。

色とりどりのポピーのかわいらしいこと。2種類あり、前半はアイスランドポピー、後半はシャレーポピーだそうです。花はなんとも言えない幸せな気分になりますね。

popi-donna01.jpg   popi-donna02.jpg

そんなポピーの群生を見ていたらカミさんがおもしろ事に気づきました。

下の写真のように同じ株から違う色の花が咲いているようでした(オレンジ色と白のように)。でも、本当はどうなのでしょうね?


popi-donna03.jpg



ポピー畑を後にして、ジェラート工房「Donna(ドナ)」へジェラートを食べに行きました。メインの道から離れているのですこし分かりにくい場所にあります。途中に看板が出ていますが、小さめなので見落とすと大変です。ようやくたどり着くと、店は順番待ちの状態でした。

地図をしっかり見ないと分かりにくいね。それにしてもすごい人。順番待ちもかなりかかりました。駐車場が少ないのですが、みんな道の横に停めてました。交通量が少ないので問題ありませんでしたが。

ここのジェラートは、すぐ隣にある牧場で搾られたミルクを使って作ってあります。けっこう濃密な味でおいしかったですね。ただこの日は曇っており少し寒かったのが残念と言えば残念でした。

メニューは、バニラ・ミルク・ブルーベリー・抹茶・ゴマなど、季節によりヨモギ・みそ・ストロベリーもあるようです。宅配もしてもらえるのです。一つ262円でした。
ゴマを食べましたが、美味しかったです。


popi-donna04.jpg   popi-donna05.jpg
posted by おぢさん | Comment(0) | TrackBack(0) | 備後エリア

2006年05月11日

庄兵衛茶房(府中市諸毛町)

庄原市でヤマザクラを見た後は実家に帰り、次の日(5月6日)家族みんなで庄兵衛茶房という山の中にある和風の料理店に行きました。この庄兵衛茶房という店は、福塩線の河佐駅南側に位置しています。赤い看板が出ているので迷うことはありませんが、店に行く途中の道は急坂になっています。【地図】

shobesabo01.jpg

メニューは庄兵衛茶房御膳(4000円)、いなか御膳(2500円)、ジンギスカン鍋(1980円)などがありますが、これらは3日前に予約が必要です。そこで予約がいらずリーズナブルは「まんふく御膳(1000円)」を全員頼みました。このまんふく御膳の注文システムは、バイキング形式です。写真左にあるように大きめの器に料理が各種入っています。そこから好きなだけ選んで盛りつけます。もちろんの残さなければおかわり自由です。右の写真は、女将さんでいろいろな話をしてくださいました。この古い民家は築150年とか。蔵はそれ以前に建てられており、ペルーがやってきたときとか…。

江戸時代・・寛永○年・・・ペリーが浦賀に来た年・・・・など、話を聞きながら歴史の教科書を頭の中でめくるようでした。

shobesabo03.jpg   shobesabo02.jpg

料理は「お袋の味」という感じです。肉類はなく精進料理のような感じですが、前の晩に肉をしこたま食べていたので、ちょうどよかったかも。ただ子どもが欲しがるメニューではありません。しかし、別にカレー(肉入り)もあるので大丈夫でしょう。おぢさんも懐かしい味のカレーを食べ、自家製の福神漬けやラッキョとともにおいしくいただきました。

料理は地元の季節の野菜をふんだんに使ってあります。「好きなだけどうぞ」と言うのが嬉しいですね。

shobesabo04.jpg   shobesabo05.jpg

最後に食後のコーヒーを飲みますが、コーヒーカップは好みのものを自分で選び入れます。御膳の他に、抹茶セットや自家製のパン、ピロシキなどもありました。また、時々ここでコンサートなども開かれるようです。季節が変わったらどんな食材になるか楽しみです。

コーヒーのお供にと、粉茶のシフォンケーキの試食があります。ふわっとして美味しかったです。屋外の食事なので、季節的にちょうどいい季候で最高の気分でした。ただ、寄せ集めたようなバラバラの椅子が気になりましたが・・・



posted by おぢさん | Comment(0) | TrackBack(0) | 食事&宿

2006年05月09日

今シーズンラストの桜を見に行く(三次市・庄原市)

どんぐりの母さんのブログを見ていると、どうやら庄原市の千鳥別尺のヤマザクラが満開のようです。ピークは過ぎてもまだ花は残っているだろうと、5月5日に出かけてみました。

三次のLA COLLINEで食事をした後、まずは高野町にシダレザクラやエドヒガンを見に行きました。しかし、あっさり高野町に着けません。カーナビの設定を「距離優先」にしたため、カーナビはすごい山道を示してくれたのです。世の中はゴールデンウィークまっただ中で道は車だらけって言うのに、この区間では全く車に会いませんでした。(笑

こんな道は2度と通る事のないだろうと言うような林道でした。

ようやく高野町に着きました。ここ円正寺や金秀寺のシダレザクラやエドヒガンは4月中旬がピークなので、ほとんど期待していませんでした。駐車場に着きすぐ横のシダレザクラを見上げると予想がものの見事に的中しており、葉桜になりかけ状態でした。ただ、円正寺裏の県内一といわれるモクレンは、まだ花が残っていました。

見頃は1週間前だったようです。お寺の下の通りの「ふじのや製菓」のおばちゃんが教えてくださいました。ここのアップルパイがとっても美味しかったです。高野産のりんごがたっぷり!!親戚が集まるので、お土産に買ったら大好評でした。来年、花見に行ってまた買いたい!

sakura-mokuren01.jpg   sakura-mokuren02.jpg

高野町を出た後は比婆山の中腹を通り、千鳥別尺のヤマザクラへ行きました。こちらの方は1〜2日前が花のピークだったようで期待大です。ここへは6〜7年前に来たことがあり、そのときあまりのきれいさに感動した記憶があります。でも、買ったばかりのデジカメを持って行き忘れており、今回はバッチリ写真を撮ろうと思っていました。

初めて見たときの感動を思い出しました。

しかし、残念ながらヤマザクラは散り始めていました。また、今年の大雪で折れたという枝が痛々しかったですね。それでも花は咲き誇っており、圧倒的な存在感を示していました。今度はピークの時に再訪したいですね。

前回はお弁当をもって来て、あぜ道で食べました。今回は夕方ということもあって、駐車場も少し余裕がありましたが、ピーク時はすごい人だろうと思います。

sakura-mokuren03.jpg   sakura-mokuren04.jpg
posted by おぢさん | Comment(4) | TrackBack(1) | 備北エリア

2006年05月07日

LA COLLINE[ラ コリーヌ](三次市)

5月5日、高野町へ桜を見に行く途中で、LA COLLINEというレストランに行きました。ゴールデンウィーク中だったので人が多いかと思いましたが、なんとか入れました。場所は、「風土記の丘」の入口の所にあります。
【中国新聞味ぐるめのページ】

予約をして来られている人が多かったです。その方が確実なので、混雑時は安心だね。しかし、私たちは行きあたりばったりのお出かけなので・・・

LA COLLINE08.jpg

頼んだ料理は、ランチ(1260円)と、ゴールデンウィークのスペシャルランチ(2100円)です。まずは、グリーンピースのポタージュスープです。その後、前菜が出てきました。写真の前菜はスペシャルランチのアスパラのテリーヌで、ランチはポーチドエッグのサラダでした。

LA COLLINE01.jpg   LA COLLINE02.jpg

次は、メインディッシュで肉か魚を選びます。ランチは魚をスペシャルは肉を選びました。スペシャルの方は豚肉で春らしくフキやワラビがのっています。どちらもしっかりとした味付けでした。左の写真がランチの魚で(サラダは食べかけ)、右がスペシャルの肉です。

LA COLLINE03.jpg   LA COLLINE04.jpg

パンは三次市内の「セレス」というお店のもので、写真のライスはいろんな穀類が入った「七福米」でした。初めて食べましたが、塩味が少しきいていておいしかったです。

LA COLLINE05.jpg

最後はデザートです。左がランチの洋梨のタルト、右がスペシャルのチーズのムースです。コーヒーを飲みつつ美味しくいただいていましたが、厨房の方から何やら声が…。それもかなりイラ立った声が…。どうやら何か店側でトラブルがあったらしくその声でした。せっかくデザートを食べているのに、店中にそのイラ立った声は聞こえてきます。人が多かったのでアクシデントがあったのでしょうが、どうかと思うな。

シェフはかなりイライラされていたみたい。。。いつもはこんな事ないんでしょうけど。

LA COLLINE07.jpg   LA COLLINE06.jpg

食べ終わった後は桜見物に高野町へ向かいました。


posted by おぢさん | Comment(0) | TrackBack(0) | 食事&宿

2006年05月04日

鉢ヶ峰でバーベキュー(三原市)

5月3日(水)、今日から日曜日まで5日間の休みです。
このゴールデンウィークは、人が多いので特にどこかへ出かける予定もなく、のんびり過ごしています。しかし、今日は朝からあまりにもいい天気。近くの山でバーベキューをすることにしました。

場所は三原市糸崎町にある「鉢が峰」という山です。糸崎神社の所から上がっていきますが、車で頂上に行くには細い道を通っていかなければなりません。頂上に行くのはあきらめて、途中の公園のような所でバーベキューをすることにしました。

けっこう広く、芝生が植えてありきれいでした。眼下に見える瀬戸内海は、筆影山とはまた違った景色です。

この山は三原市街の東側に位置します。筆影山など南側から市街地を眺めるのはよくありますが、東側から見ることは少ないと思います。下の写真が三原市街を撮った写真です。手前の茶色いところが糸崎駅で、その奥が三原駅や三原港になります。左側の川は沼田川です。

hachigamine01.jpg

この公園ですが、気持ちよく整えられています。たぶん地元の方がていねいに管理されているのでしょうね。あまり有名な場所ではないものの、何組かの人が訪れていました。

hachigamine03.jpg

さっそくコンクリ製の椅子に座ってバーベキューを始めました。炭をおこして肉や野菜を焼き、目の前に広がる瀬戸内海とその島々をながめながらビールを飲む。なかなかよかったですね。あっ、酔っぱらい運転はしていませんよ。帰りはビールを飲んでいないカミさんが運転してくれました。

バーベキューの後は、カープを聞きながらうたた寝。天気もよくいい気分。ただやっぱり紫外線が気になりましたね。

今日は日差しは強いものの風が適度に吹くため、日なたでも快適に過ごすことができます。暑くもなく寒くもなく、気持ちよく食べることができました。


hachigamine02.jpg



posted by おぢさん | Comment(3) | TrackBack(0) | 三原市

2006年05月02日

カントリーハウス「MIMO」&パン工房「カントリーグレイン」(東広島市福富町)

4月30日、仁賀町のレンゲ祭を見た後、食事をするために東広島市福富町に向かいました。目的地は「上ノ原牧場」です。しかし、ゴールデンウィークが始まっているのをすっかり忘れていました。遅めにいったのに牧場のレストランは1時間待ちでした。

こんなに人が多いとは思いませんでした。

すぐさまあきらめて、近くにあるカントリーハウス「MIMO」に行きました。ここはピザと雑貨のお店です。店に入ると雑貨類が置いてあります。その奥にテーブルがあり、そこでピザを食べました。

fukutomi01.jpg   fukutomi02.jpg

メニューはシンプルにピザとドリンクのみ。頼んだピザは「みどりのピザ(880円)」と「おまかせピザ(1,000円)」です。ピザが運ばれてきたときは皿からあふれるほどの大きさで、「これは、1枚でよかったかも…。」と思いました。でも食べてみると生地が薄いため、見た目ほどの量ではありませんでした。

セルフサービスになっていて、はじめ注文してお金を払って、番号を呼ばれたらとりに行きます。初め見たときは、ホント大きいのでびっくり「ひとつでよかったかな。」と言ってたけど、ぺろりと食べられました。

fukutomi03.jpg   fukutomi04.jpg

MIMOを出た後、パンを買いに行こうとパン工房「カントリーグレイン」に行きました。普段は全くパンを食べませんが、こういう場所に来ると、急にカミさんはパンを買いたがります。不思議…。

「天然酵母」とか、「こだわり」という言葉に弱いのよね。菓子パンみたいじゃないから、いいと思うよ。素朴な味でした。でも3時半頃行ったので、種類が少なかったです。行くなら、午前中早い時間がおすすめ!

fukutomi06.jpg   fukutomi07.jpg

このパン工房には併設する「芽ぶき屋」というレストランがあります。次はここで素朴な感じのランチを食べてみようかと思っています。いや、上ノ原牧場のレストランもあった…。

シャクナゲ祭もあるし、何回か来ようかね。

最後は、福富物産しゃくなげ館近くで見たシバザクラです。先週の乃美のシバザクラより咲いている面積は広かったですね。もう少しするとシャクナゲの花が咲くようで、5月7日は「シャクナゲ祭」が開かれるそうです。

fukutomi05.jpg
posted by おぢさん | Comment(2) | TrackBack(0) | 食事&宿

2006年05月01日

仁賀レンゲまつり(竹原市)

4月30日(日)、昨日からゴールデンウィークが始まりました。しかし、うちはカレンダーどおりで、特にこのゴールデンウィークの予定はなし。それではあまりにも寂しいので、東広島市にある三永の水源地にフジ棚を見に行きましたが、ほとんど咲いておらず、早々に別の場所に行くことにしました。

その別の場所とは来る途中で見つけた竹原市仁賀町の「仁賀レンゲまつり」です。国道2号線沿いに看板が出ており、帰りに寄ってみようかと話していた場所です。きっとレンゲの花が咲き乱れる田の横に白いテントがあり、その中では地元の方々がうどんなどのバザーが開かれている…、と勝手にイメージが出来上がっていました。

niga-renge01.jpg   niga-renge02.jpg

しかし、上の写真のとおり人が多すぎです。駐車場は満杯で道路に車があふれ、頭の上では観光用のヘリコプターが行ったり来たりと何かが違います。ステージの上では、神楽まで始まりました。カミさんが聞いてきた話によると…。

ちょうど竹原の知り合いに会って、話をきくと、「初めのころはいちめんのレンゲ畑だったそうです。が、年々レンゲが減ってきて、今はイベントがメインになった感じ。」とのこと。
いろんなイベントがあり楽しいけど、レンゲ畑を期待して来たので、ちょっとがっかりです。それにしても、人の多さにはびっくり!


niga-renge03.jpg   niga-renge04.jpg

数少ないレンゲ田の写真です。
イベントが好きな方なら、楽しい場所でしょうね。一日中プログラムが組んでありましたし。天気がよかったので、ビールを飲みながらのんびりするのもいいかもしれません。
posted by おぢさん | Comment(0) | TrackBack(0) | 備後エリア