2007年03月31日

川中島合戦図屏風の世界&川が育んだ文化財

先日(3月25日)に、福山市の県立歴史博物館へ行きました。ここはこの前まで博物館大学を受講していた関係でよく来ていた場所で、今回の講演「川中島合戦図屏風の世界」と特別展「川が育んだ文化財」もこの講座で知りました。

rekishihakubutsukan01.jpg


講演内容は、武田信玄と上杉謙信の合戦の状況を屏風図から読み解いていくものです。今までの見解では引き分けみたいな感じだそうですが、この屏風絵からは上杉側が勝ったということです。こういう講演会に出かけながらも、歴史に疎いおぢさんは?マークが付きながら聞いていましたが、けっこう面白かったです。だだ、ご飯を食べた後だったので、少し睡眠学習をしてしまいましたが…。(笑

ホント眠かった!歴史に興味のある人は、違った視点で川中島合戦を考えられるのでいいお話だったと思います。

「川が育んだ文化財」は、正直なところ700円は高いかなと思いました。まあ、招待券で行ったので文句はいえませんが、中身が少しもの足りなかった気がします。特別展は3月31日までなので、今日で終わりですね。(笑

広島県立歴史博物館のページ

講演を聴いた後、彼岸に墓参りができなかったので、実家によって墓参りをして帰りました。
posted by おぢさん | Comment(0) | TrackBack(0) | 備後エリア

2007年03月28日

恵下谷の山桜

恵下谷の山桜が、満開になっています!

yamazakura01.jpg


「恵下谷(えげだに)」というのは、三原市の中心部から久井町に抜ける峠道で、山桜は峠の中程にある霊園の反対側に咲いています。山桜なので、一般的なソメイヨシノより早く咲きます。

一足早く咲く山桜をみていると春が来たことを感じずにはいられません。いよいよお花見シーズン到来です。

今朝は霧模様だったため写真はイマイチですが、もしきれいな写真が撮れたら追加しようと思っています。

あまり代わり映えしませんが2枚目を追加(03/31)。

yamazakura02.jpg
posted by おぢさん | Comment(2) | TrackBack(0) | 三原市

2007年03月25日

ドミグラスソースカツ丼&後楽園・夢二

今日は倉敷市と岡山市に用事があり、岡山県へ出かけました。用事は午前中で終わったので、さっそく食事に出かけました。出かけた店は「味司野村」というカツ丼が有名なお店です。でも、カツ丼と言ってもこの辺りのカツ丼は、何とドミグラスソースがかけてあります。以前から気になっていたので、老舗であるこの店に行きました。

しかし、店に行くまでの道路が渋滞しており大変でした。交差点ごとに警察官の姿があり、何やら要人の警備をされているみたいですが、どなたが来られるのか分かりません。店付近(駅前道路)に着くと、右翼の街宣車がボリュームいっぱいに叫んでいます。その内容を聞いていると、何と安部首相が来られるとか。だから、こんな警備だったのですね。

店に入りおぢさんは「上カツ丼(ヒレカツ)」をカミさんは「孫膳(ヒレカツ)」を頼みました。おぢさんのカツ丼は、もちろんドミグラスソースです。カミさんのは、ドミグラスカツ丼と普通のカツ丼という別々のものがワンセットになったものです。

okayama02.jpg   okayama02.jpg

食べてみると、まあそこそこおいしかな、という感じでした。別にまずくはありませんが、とっても格別おいしい感じでもない。よく考えてみると頭の中で、「これはカツ丼ではない。」という結論に達していました。おぢさんの考えるカツ丼ではなく、「カツ丼とは別の丼もの」という感じがしました。おぢさんとしては、カツ丼なら普通のカツ丼がいいですね。(笑

一度に2種類の味が楽しめてよかったです。量も丁度いいですね。ドミグラスソースのカツ丼は少し甘かったな。

Yahoo!グルメ   グルメGYAO


昼食をとった後は、すぐ近くにある日本三名園の一つである「後楽園」に行きました。ここは今まに何度か行くチャンスはあったものの、おぢさんは行ったことがない場所です。ただ、雨が降っていたので今回は行かないつもりでしたが、雨が止んだので入ってみることにしました。入場料は大人350円ですけど、駐車場代が無料ってのがいいですね。

今の時期は花の端境期で、梅や椿の花は終わり、もうそろそろ咲くであろう桜を待っています。ところが「オレも主役」と言わんばかりに、がんばって咲いていました。がんばっていた花は、左からサンシュユ、アセビ、ニワザクラです。この他にも咲いていたかもしれませんが、わかりませんでした。

okayama03.jpg  okayama04.jpg  okayama05.jpg


それにしても、本当に広い庭園です。
昔はこの芝に、田んぼや畑があったとか。今も少しだけありますが、ほとんどは芝です。ただ、この時期は茶色っぽいですけど…。

写真左は、後楽園の中にある「唯心山」から撮ったものです。晴の国岡山なのに、雨にたたられてしまいました。(笑
真ん中の写真は格子窓から見た風景で、ここから観る景色は「格別」だそうですが、雨に煙っていてもう少しという感じでした。最近、雨にたたられているなあ…。

okayama07.jpg   okayama08.jpg

桜が咲くときれいでしょうね。後楽園の横にある土手の桜並木も満開になると見事でしょうね。もう提灯がかかっていました。
お花見の時期にまた訪れて見たいです。


広島でソメイヨシノの開花宣言がありました。岡山はどうか分かりませんが、ほころび始めた桜の蕾です。もうじき、開花となるでしょうね!

okayama06.jpg



この後、すぐ近くにある竹久夢二さんの「夢二郷土美術館」に行き、久々に夢二さんの作品を堪能しました。

夢二郷土美術館オフィシャルページ

okayama09.jpg







posted by おぢさん | Comment(0) | TrackBack(0) | 広島県外

2007年03月21日

「白扇の滝」〜三原の滝シリーズ Vol.3〜

昨日は、東広島へ映画を観に行きました。観た映画は「蒼き狼 地果て海尽きるまで」というチンギス・ハーンを題材にした映画です。そこそこ面白かったですが、モンゴルの雄大な自然がもっと見たかったですね。

森村誠一さんの原作を読んでみたくなりました。


この映画を見る前に昼飯を食べたのですが、これがもう計画性のなさを露呈した感じで…。詳しくは、カミさんが書いています。

本当は、東広島市のイタリアンのお店で昼食をとる予定でしたが時間がなくなり、けっきょくファーストフードのお店ですませました。このファーストフード店は「スローフード」で、上映3分前に駆け込みました。もっと計画的に行動しなければなりませんね。

「蒼き狼 地果て海尽きるまで」公式ページ

Yahoo!映画「蒼き狼…」←こちらの方が、分かりやすい。

aokiokami01.jpg

「Yahoo!映画のフォトギャラリーのページ」から画像をお借り。



東広島から帰る途中、久しぶりに滝巡りをすることにしました。前回は瀑雪の滝に行きましたが、その反対側に「女王の滝」があります。しかし、船木側から行くと歩く時間が長いので、空港側から行くことにしました。

中央森林公園の駐車場に17時30分に着きました。しかし、駐車場が閉まる時刻が18時だそうで、片道15分かかる女王の滝に行くともう閉まっています。早々に女王の滝をあきらめ、昨日見つけた「白扇の滝」に行くことにしました。

この滝は、三原市本郷町にあります。沼田川沿いの道路から(県道33号線)北へ向かい、ちょうど山陽自動車道の下になります。そのため、滝の右上には高速道路が走っています。

滝はなだらかで、何段かに分けて流れています。空港ができるときにこの辺りを整備され、滝そのものの名前も「矢谷の滝」から「白扇の滝」に変わったようです。これって、この前の瀑雪の炊きと同じですね。この辺りの人は、名前を変えたがるのでしょうか…。

瀑雪の滝を見た後なので、迫力は感じられませんでした。でも、流れが緩やかなので、穏やかな気持ちになりました。

hakusennotaki01.jpg  hakusennotaki02.jpg  hakusennotaki03.jpg



白扇の滝の地図


posted by おぢさん | Comment(1) | TrackBack(0) | 三原市

2007年03月11日

府中焼き 〜万両〜

以前、ネット上で「府中焼き」という言葉を目にしました。何でも中に入れる具にミンチ肉を使っているとか。ネットで調べてみると府中商工会議所のページには、ずらりとお店紹介が載っていました。

府中お好み焼き地図のページ

「万両」は、【21】。

実は少し前に、ある有名な府中焼きの店に行きました。しかし、ここがあまりおいしくなかったのですよね…。そこでリベンジということになり、「万両」という別のお店に行きました。店に着くとびっくり、倉庫の中にあるのです…。一瞬たじろぎましたが、中に入りました。中はやや広めの店内で、さっそくお好み焼きのスペシャルを頼みました(650円)。

manryo02.jpg


目の前でお好み焼きが出来上がっていきます。特に広島風のお好み焼きと焼き方は変わりませんが、少し脂身の多いミンチが投入されるところがミソです。ひっくり返されてしばらくすると、ミンチから油が出てきます。この油がお好み焼きを揚げるような感じになって、パリッとした仕上がりになるそうです。

出来上がりました。さっそくビールを頼んで食べてみました。思った通りパリッとした仕上がりですが、中はふわっとしています。スペシャルなので、ミンチ以外にもエビ・イカ・豚バラ肉などが入っています。この前食べた「とある店」より断然おいしくいただきました。これで650円は、安いと思いますね。

manryo01.jpg

待っている間、店内を見ていると壁にサイン入り色紙が3枚。
その一枚に「福原愛」とあるではないですか!おばちゃんに聞いてみると、中学校の時に来たそうです。府中は卓球が盛んなところらしく(府中東高校は強いみたい)その大会に来たとき、寄ったそうです。「小山ちれ」さんのもありました。
もう一枚はRccの「今日もごごいち」のラジオカーでした。
放送があったあと、放送を聞いた人が結構来られたみたいです。



お好み焼き地図をもらったので、今度はどの店に行ってみようかなと、思案中です。

店により微妙に違っているので、他の店のも気になりますね。
posted by おぢさん | Comment(2) | TrackBack(0) | 食事&宿

2007年03月04日

鞆・町並ひな祭

昨日は、ひな祭りでした(3月3日)。
ひな祭りってことで、福山市鞆町の「鞆・町並ひな祭」に行ってきました。

祭の会期は2月16日〜3月25日ですが、メーンの会期は3月1日〜11日まで。この土曜日はちょうど3月3日のひな祭りの日とあって、たぶん多くの人出が予想されました。早めに行こうと思っていましたが、結局着いたのは午後2時前。でも、思ったより人出は少なく、「おう風亭」横の駐車場はけっこう開いていました。

まだ昼食をとっていなかったので、食事処「千とせ」という和食のお店に入りました。頼んだものは千とせ定食と鯛ぞうすい。鞆と言えば鯛なので、カミさんが頼みました。

カミさんの鯛ぞうすいを少しもらったのですが、なかなかおしかったです。千とせ定食はそれなりにおいしかったものの、写真の真ん中にあるサヨリの煮付けはあまりにも小さくて寂しかったな…。

tomo-hinamatsuri01.jpg   tomo-hinamatsuri02.jpg


昼食後は鞆の町並のひな人形を楽しみました。
ひな人形を飾ってある所は約90か所。とても全部見て回ることはできません。食事処で聞いた国の重文「太田家住宅」と「鞆の浦歴史民族資料館」を中心に見て回ることにしました。

保命酒の資料館では甘酒がふるまわれていました。おいしかったです。家でも作ろうと思い酒粕を買って帰りました。
ここ入江本店の味醂は、我が家御用達です。


鞆の古い町並みを歩きます。でも、何だかあまりひな祭りという感じがしません。所々にある玄関先のひな人形を見ても、ひな祭りという感じがしません。それはたぶん柳の枝に餅を付ける「もち花」が少なかったからでしょう。去年見た上下町のイメージが強かったのでしょう。

tomo-hinamatsuri03.jpg   tomo-hinamatsuri04.jpg


太田家住宅でひな祭りの説明を聞きました。それによると三人官女の両端の女性はミスで、真ん中の女性はミセスだとか。その違いは着物の振り袖や眉毛を剃っているかどうかで分かります。この後、別のひな人形を見ると、確かに真ん中の女性は眉を剃っていました。中にはお歯黒をしている人形もあるそうです。写真左側が江戸時代のもの、右側が明治時代のものだそうです。

江戸時代の人形もあり歴史を感じました。保存状態がよいのでびっくり!
ひな人形も解説してもらうと見方が違ってきますね。


tomo-hinamatsuri05.jpg   tomo-hinamatsuri06.jpg

歴史民俗資料館は少し高台にあるので、ここから眺める景色は素晴らしかったです。時間が止まったみたいにゆったりしていました。
鞆は橋の問題で揺れていますが、できればこの景色を守ってほしいですね。


鞆の浦歴史民族資料館に展示してあるひな人形を見た後は、サザエさんのオープニングにも出ていた対潮楼です。お寺の中に入ると窓をはずした所から弁天島・仙酔島が一望できます。長い屏風の絵のようだと和尚さんがおっしゃっていました。

【追記】(03.05)
さっきテレビを見ていたら,対潮楼って坂本龍馬が来た場所なんですね。ちょうど写真の窓辺あたりに座ったらしいです。別の場所に来たことは知っていたのですけど…。

「サザエさん」で見ていたのでぜひ行ってみたい場所でした。(鞆は何度も来ているけど行ったことがなかったのです)
とても素敵な景色。夏は全部の窓枠をはずし眺めも更によくなるとのことでした。


tomo-hinamatsuri08.jpg
posted by おぢさん | Comment(4) | TrackBack(0) | 備後エリア

2007年03月01日

山口の旅2〜下関市(海響館・巌流島等)〜

2日目(2月18日)、天気予報では天気が回復すると言っていたにもかかわらず、空は曇天で時々雨も降ってきます。この日、最初に言った場所は宿のすぐ近くにある「妙青禪寺」というお寺です。このお寺には雪舟作の庭がありました。

yamaguchi11.jpg



次に訪れた場所は、「川棚のクスの森」です。ここには天然記念物の大きなクスノキがあります。駐車場に車を停めて丘に上がりました。すると目の前いっぱいに大きなクスノキが!思わず「おおっ!」と叫んでしまうほど、圧倒的な迫力がありました。幹の近くに寄るとその大きさが更に実感できます。何でも幹の周りは大人12人〜13人ぐらいが手をつないだ長さがあるとか。幹も太いのですが、伸びた枝がまたすごい。1本の枝などは伸びすぎて地面に達していました。1本の木なのに森に見えることから「川棚のクスの森」と名付けられたそうで、深く納得しました。

一本の木とは思えない大きさです。ホント森のように見えて、物語に出てきそうな風景でした。

yamaguchi12.jpg   yamaguchi13.jpg



大きなクスに感激して川棚温泉がある豊浦町を後にしましたが、あとで悔しい思いをします。実は川棚温泉の近くの海岸で、映画「出口のない海」のロケが行われていたのです。それもメインの海岸が…。下関で見つけたパンフレットで分かったので、さすがに戻ることができませんでした。ああ、残念。

下調べが不十分でした……。



下関に着きました。
ここのメイン観光地は「海響館」です。私は過去に来たことがある水族館ですが、カミさんは初めてです。過去に来たことがあっても水族館は興味深い場所なので、何度来てもいいですね。さっそく海響館に入りました。雨模様のためか人出が多く、ゆっくりと見ることができなかったのは少し残念でしたが、時間をかけてまわりました。下関といえば「フグ」。さすがにここの水族館には、いろいろな種のフグがいます。大きなトラフグから体長2cmぐらいの世界で一番小さいフグまで様々です。マンボウやハリセンボンもフグの仲間だったのですね。最後にイルカとアシカのショーを見て海響館を後にしました。

水族館はいくつになっても飽きませんね((笑)人が多くゆっくり見られなかったのが残念…。
イルカがかわいい!

yamaguchi14.jpg  yamaguchi15.jpg  yamaguchi16.jpg



海響館のすぐ近くに武蔵と小次郎の決闘地として知られる「巌流島」があります。今まで車中から見たことはありますが、実際に島に降り立ったことはありません。調べてみると船が日に何本も出ているそうなので、渡ってみることにしました。船は30分おきに出ています。唐戸桟橋から10分ほどかけて巌流島に渡りました。

現在の巌流島は埋め立てられて広くなっていますが、当時の島は今の6分の1ぐらいの大きさだったそうです。ほとんど平らな島を歩きました。島の中程には武蔵と小次郎の像が建っています。あとは決闘の場所をイメージして作られた人工海浜があります。巌流島見学の所要時間は、船の往復時間も入れて約1時間でしょうか。往復1000円(大人)の船賃を高いと見るか、安いと見るかは…。まあ、話の種にはなりますね。(笑

思ったより狭くて30分もあれば見て回れました。昭和48年くらいまでは人も住んでいたようです。

yamaguchi17.jpg  yamaguchi18.jpg  yamaguchi19.jpg



巌流島から戻ると午後2時頃になっていました。さすがに腹が減ります。しかし、ここは唐戸市場が目の前にあり、すぐに食べることができます。せっかく下関に来たのだからフグを食べようと唐戸市場の2階にある「よし」という食堂に行きました。調べてみるとけっこう安くフグ料理が食べられるみたいで、おぢさんは「よし定食」(写真左)、カミさんは「フグの刺身」を頼みました。しかし残念ながら刺身は売り切れ。「フグの唐揚げ定食」(写真右)となったのでした。

刺身は人気だったんだ。市場では、にぎり寿司のネタが大きくその場で買ってすぐ食べられます。そっちも捨てがたかったけど、下関と言えば「フグ」ですね。

yamaguchi21.jpg   yamaguchi20.jpg



遅めの昼食をとった後は、市場でお土産を買いました。ふぐ等買ったので、家に帰ってからもフグ料理を楽しもうと思います。この後、近くにあるレトロな建物を見たり、赤間神宮や下関条約が締結された日清講和記念館に寄って帰りました。2日間という小旅行でしたが、けっこう充実した旅となりました。
posted by おぢさん | Comment(0) | TrackBack(0) | 広島県外