2007年07月29日

居酒屋 「みずき」 映画「夕凪の街 桜の国」

昨日(7月22日)、神辺に行きました。映画を観るためですが、昼食を「みずき」という居酒屋でとることにしました。この店はWinkという雑誌で見つけたものです。

mizuki04.jpg   mizuki01.jpg

みずきの紹介ページ

店内はカウンターと座敷があります。頼んだ料理はカミさんが「週替わりランチ」、おぢさんが「豚生姜焼き定食」で、値段はどちらも800円でした。

料理が来ました。「えっ?この差は何?」
どちらも800円なのに、週替わりはずいぶん品数が多いのです(写真右)。生姜焼きも量的には少なくないのですが、どう見ても(食べても)週替わりの方がお得感があります。

週替わりランチはお得感満点です。おいしかったです。限定15食だったかな?週末にもやっているというのが、うれしい。

mizuki02.jpg   mizuki03.jpg


どちらにせよカミさんと交換しながら食べることが多いのでそう問題はありませんが、他の人と来ていたらうらやましく思うことでしょう。紹介ページにもほとんどの人が週替わりを頼むと書いてありました。今度行ったらおぢさんが週替わりを頼もう。(笑


yunagi-sakura.jpg

「夕凪の街 桜の国」公式ページ

昼食を食べた後は、全国に先駆けて土曜日に公開された映画「夕凪の街 桜の国」を見ました。この映画は原子爆弾が落とされ10年後と現代に生きる2人の女性を通して、今なお続く原爆の影響が描かれています。

2つの映画からできていますが、最後の方は2つの映画がオー場ラップして、なかなか良かったです。映画のパネル展が広島市の各所で開かれています。ポップラ通りなど知らなかった場所もあり,ロケ地に行ってみたいですね。
広島フィルム・コミッションパネル展

原作のマンガを読んで、ぜひ観てみたいと思った映画でした。暗い感じにならず、それでいて原爆の悲惨さが伝わってきます。60年以上経ったけれど、決して終わってはいないと思いました。


posted by おぢさん | Comment(0) | TrackBack(1) | 食事&宿

2007年07月20日

ゆり祭り 〜世羅ゆり園〜

7月15日、世羅町にある「世羅ゆり園」に行きました。ここは日本最大のゆり園だそうで、ちょうど「カサブランカ フェア」が行われていました。シーズンを通しての数字でしょうが、140種50万本のゆりが見られるとか。確かに数多くのゆりが咲いていました。

sera-yuri.yume02.jpg   sera-yuri.yume01.jpg

世羅ゆり園のページ



露地物は1/3ぐらいの咲き具合でしたが、ハウスの中は数多くのゆりが咲いていました。数多く咲きすぎて、ゆり独特の臭いがけっこうきつかったですね。

ユリのいい香りがただよっていました。高ーいカサブランカがものすごい数で咲いています。1本350円で好きなユリを切って帰ることができます。
出口でも切り花・球根等売っていました。やっぱり,産地直送…新鮮で安い!我が家も2本買って帰り,部屋中甘い香りがただよっています。


sera-yuri.yume03.jpg   sera-yuri.yume04.jpg



この後、すぐ近くにある「せら夢公園」に行きました。オープンして1年経ちますが、まだ来たことがなかったのです。

sera-yuri.yume05.jpg  sera-yuri.yume07.jpg  sera-yuri.yume06.jpg

ワイナリーは園内にあるワイナリーでワインを飲もうと思いましたが、今日は帰りも運転をしなければならないのであきらめました。そういえばワインを買って帰ろうと思っていたのに、あれやこれやしていたらすっかり忘れていて、今思い出しました。(笑

とにかく広い。ワイナリーの手前に公園があるのですが,天気のいい日ここでのーんびりも気持ちいいかも。
posted by おぢさん | Comment(0) | TrackBack(0) | 備後エリア

2007年07月15日

Parmi Bois(パルミボア)

7月1日、映画「舞妓Haaaan!!!」を観た後、日本的なものとは正反対なイタリアン料理の店に行きました。場所は東広島市河内町のグリューネン入野にある「Parmi Bois(パルミボア)」というお店です。12時頃着いたのですが、すでに30分待ちという人気の店です。

雑誌で見て気になっていたお店。5月にオープンしたばかりです。建物も感じよかったです。団地の中じゃないみたい。

昼のメニューは4種類あり、このうち「A pranzo 800円」と「C pranzo 1000円」を頼みました。何でも7月5日から値上がるそうで、ラッキーでした。A pranzoはパスタとサラダとパンで、C pranzoは、前菜とパスタと肉料理でした。もちろんビール付き??(笑

500円プラスで飲み物・デザート付きでした。

ParmiBois03.jpg   ParmiBois04.jpg


ParmiBois02.jpg   ParmiBois05.jpg


こういう店って、おぢさんにはもの足らない量の場合が多いのですが、ここは具もたっぷりあり、少なすぎず多すぎず満足いく量でした。

パスタの具が多くておいしかったです。パンも自家製ヨモギパンでおいしかった!人気があるのもわかるわ。

Parmi Boisの地図等
posted by おぢさん | Comment(3) | TrackBack(0) | 食事&宿

2007年07月10日

竹林寺 〜スイレンの花〜

7月1日は、映画の日です。大人一人が1000円で映画を観ることができるので、8時20分開始の映画を観に東広島市のT・ジョイに出かけました。着いてみると、何と長蛇の列。何でこんなに朝早くから並ぶの?と自分たちを棚に上げ、20分待ってようやく席に着くことができました。

こんなに人が多いとは…。みんな考えることは同じなのかな?!

席に着いた途端に予告が始まり、ぎりぎりセーフで「舞妓Haaaan!!!」を見ることができました。映画は阿部サダヲさんのハイテンションな演技が前半続き、後半はやや全体的にシリアス気味になったりして、まあまあおもしろかったです。

はじめはテンション高すぎ…という感じ。こんなことあり得んと思いながら見られる気軽さも良かったです。

maiko01.jpg

舞妓Haaaan!!!公式ページ


映画館を出て、昼食はグリューネン入野にある「Parmi Bois(パルミボア)」という店に行きました。これは、また別の機会に書きます。

昼食をとった後は、河内町にある「竹林寺」に行きました。スイレンやアジサイ、コウホネの花が咲いていると聞いたからです。展望広場に車を停めて、歩いて仁王門の前に行きました。アジサイの花がきれいです。昨日、神宮寺で見たアジサイは終わりかけていましたが、ここはまだ大丈夫でした。

chikurinji01.jpg   chikurinji04.jpg


竹林寺の境内にある池には、スイレンとコウホネが咲いていました。コウホネは思ったより小さく、普通は黄色の花がよく目立つのですが、あまり目立っていませんでした。スイレンの花は、池の1/3ぐらいに咲いていました。もう少し咲いているかな?と思っていましたが、これからなのでしょうかね。

ここは昔何度か来たことがありますが、この季節は初めて。スイレンの花が可憐でした。

chikurinji02.jpg   chikurinji03.jpg

竹林寺の地図等
posted by おぢさん | Comment(2) | TrackBack(0) | 安芸エリア

2007年07月06日

棲真寺 〜ハスの花〜

7月1日、映画や竹林寺に行った後、「棲真寺(せいしんじ)」という三原市大和町にあるお寺に行きました。歴史あるお寺で、今月号の三原市広報に載っていて、この広報にある写真の住職さんともお話することができました。(この下の広報のページに地図等有り)

三原市広報のページ   棲真寺の地図等

seishinji01.jpg


棲真寺の前には池があり、そこ一面ハスが生えています。ちょうど咲き始めたばかりのようで蕾が多かったのですが、開いている花もありました。後で聞いた住職さんの話では、午前中がよく開いているとのことでした。

すごく心落ち着くお寺です。ハスのピンクがとてもきれいでした。
近くにこんな大きなハスの花が咲くところがあったなんて……。他に
アジサイも咲いていました。大きな桜の木もあったので、春も素敵でしょうね。


seishinji03.jpg   seishinji02.jpg


このハスの花は8月頃まで咲いているそうで、7月10日頃までが一番きれいだとか。それを過ぎると花びらが落ちて種の部分が目立ち始めるそうです。今の時期は花ばかりなので、見頃だと住職さんがおっしゃっていました。下の写真は、ハスの葉に溜まった雨水です。

雨上がりだったのでハスの花の色がとても鮮やかに感じました。

seishinji04.jpg
posted by おぢさん | Comment(2) | TrackBack(0) | 三原市

2007年07月01日

国蝶 オオムラサキ

昨日(6月30日)、府中市にある「神宮寺」に行ってきました。ここはアジサイで有名なお寺で、この日まで「あじさい祭り」が開かれているはずでした。人出が多いだろうと思っていると駐車場には、ほとんど車がありません。理由はすぐ分かりました。アジサイのピークが過ぎていたのです。(笑 
昨年もピークを過ぎて訪れているので、来年こそはピークにきてみたいと思います。

今年は梅雨入りしてもほとんど雨が降らず、アジサイも元気がありませんでした。やっぱり雨の中のアジサイが情緒ありますね。

fuchu01.jpg   fuchu02.jpg


気を取り直して同じ府中市内にある「オオムラサキの里」に出かけました。ここは国蝶であるオオムラサキを保護している場所です。大きなゲージの中には数多くのオオムラサキが飛んでいました。

初めて見るオオムラサキ。こんなに近くで見られるとは思っていなかったので、鮮やかな紫に感動です。自然が作り出した美しさにはかないませんね。

fuchu10.jpg   fuchu09.jpg

1羽のオオムラサキの雄(色が鮮やか)がいました。左の写真がそうですが、左の羽が離れているようです。保護されている方に聞くとハチにさされたとのことでした。もう1枚は、外のベンチで撮ったもので、ゲージの外にもオオムラサキはいました。

fuchu05.jpg   fuchu11.jpg


ゲージの中には、洗濯ばさみにはさまれたサナギが、ずらっと並んでいます。

fuchu04.jpg   fuchu03.jpg


21日目で羽化するそうで、ちょうど羽化が始まったサナギに出くわしました。

fuchu06.jpg   fuchu07.jpg


1日中いても羽化する場面に出会えないこともあるそうで、本当にタイミングがよかったと思います。羽化は2分ぐらいで終わりましたが、羽がきちんと乾くには、5時間ぐらいかかるそうです。この時が外敵に一番狙われやすいのでしょうね。そのためか、羽を閉じたオオムラサキは、木の葉っぱそっくりです。

ホントすごいタイミングです。命が生まれる瞬間ってすごく神秘的ですね。見る見るうちにからだが出てきて……。羽もどんどん大きく広がり、自然界の美しさを見ることができ、感動です。

fuchu08.jpg

オオムラサキの里のホームページには、7月の第1日曜日に「オオムラサキを自然にかえす集い」が開かれると書いてあります。今日(7月1日)がそうなのでしょうね。

これだけのものを個人で保護されていて熱意が伝わってきました。

オオムラサキの里ホームページ
posted by おぢさん | Comment(2) | TrackBack(0) | 備後エリア