2007年08月28日

映画「キサラギ」

kisaragi01.jpg

この前(8月26日)、福山のシネマモードに映画を観に行きました。
観た映画は「キサラギ」です。あまりにもこの映画が素晴らしかったので、今回のブログはこれにしました。大きな映画館やシネコンではやっていなくて、全国的にみてもシネマモードのような小さな映画館でやっているようです。

東京方面では6月から封切りされていますが、福山では8月25日からの上映です。前評判がなかなか高く観たかった映画でした。内容はB級アイドルのオタクの話で、それだけだと非常にくだらなく思えますが、全く違います。

kisaragi02.jpg


場面のほとんどが部屋の中だけ。しかし、終わりまでテンポ良く笑わせてくれるし、「なるほど!」とか「えっ、そうくる?」とか脚本が練りに練ってあるので、全く飽きることなく見ることができます。出演者の5人は野郎ばかりで暑苦しくありますが、みんな演技が上手いので楽しめました。最後の方は笑っているのか、感動しているかよく分からないほどになり、涙が止まりませんでした。(笑

全く予備知識なしで観たのですが、あっという間に終わったと感じるくらい飽きない展開でした。リアルタイムで自分が6人目として、同じ部屋にいて話を聞いているような感じです。
意外な展開が面白かったし、1つ1つのセリフに伏線がありなるほど…とうなずけました。あっぱれ!


残念ならがらロケ地は大磯ロングビーチぐらいなのでお出かけできませんが、なかなか楽しい映画で、もう1回観たい思わせてくれる映画でした。

kisaragi03.jpg

福山のシネマモードでは8月31日で終わりですが、広島市ではサロンシネマ1で、9月1日から1週間の上映です。関係者でも何でもないのですけど、映画館で観られなかったらそのうち発売されるであろうDVDで、ぜひ観てください!!

「キサラギ」公式ページ

posted by おぢさん | Comment(0) | TrackBack(0) | ノンジャンル

2007年08月22日

ワニ料理 〜まんさく茶屋〜

三次市の君田に行った日(8月11日)の昼食は、隣の庄原市口和町にある「まんさく茶屋」という店でとりました。ここは日本でも珍しい「ワニ料理」の専門店です。ワニと言っても外国の沼みたいな所に生息する口がお大きなヤツではなくてサメです。ご存じのように、この辺りでは昔から食べられいました。詳しくは、こちらへ(Wikipedia)

「えっ!ここ?」という感じのお店でした。メニューはさすが専門店だけあって、ワニ料理のみです。(あっ!うどんがありました)

mansaku-tyaya04.jpg


専門店というと何だか敷居が高く感じますが、写真のとおり飾らないお店です。料理はワニ料理が3種入った「まんさく定食(950円)」と「ワニ飯(500円)」「ワニのフライ(500円)」を頼みました。ワニ飯は、ワニの炊き込みご飯です。

mansaku-tyaya01.jpg   mansaku-tyaya02.jpg


左がまんさく定食です。ワニの刺身を食べるのは久しぶりですが、臭いもなくまったりとしておいしかったですね。お店のおばちゃんの話では、最近はきちんと冷蔵されているので、アンモニア臭はないそうです。

右はワニ飯とワニのフライをセットにしたものです。刺身のようにまったりとしてなく、ほくほくした感じでこちらもおいしかったですね。

以前、三次市内のスーパーでワニの刺身を買って帰ったことがありましたが、味は忘れていました。まったりと言う言葉がぴったりの食感です。フライの味は淡泊でした。

mansaku-tyaya03.jpg


そうそうこの店は、「美味しんぼ」というマンガの17巻に出てきます。お店にその巻が置いてありましたが、店の様子が描かれており、本物の店の中でマンガに描かれた店を見るという珍しい体験をしました。

思わずマンガを読んでしましました。「ワニ」がなぜこの辺りで食べられるようになったかも描いてあり、勉強になりました。

まんさく茶屋の地図等のページ
posted by おぢさん | Comment(0) | TrackBack(0) | 食事&宿

2007年08月15日

ひまわり畑と神之瀬峡

先日(8月11日)、やっさ踊りを見に行く前に、三次の君田町へ行きました。本当は先週行く予定でしたが、都合が悪くなり今週になりました。目的は青空の下の黄色いヒマワリを見るためです。

昼食を口和町でとったあと(後日書く予定ですが、ワニ料理を食べた。)、君田へ戻っているとオモシロイものを発見!世界一のひょうたんを作られているそうです。看板には「279cm」の数字が見られますが、これが世界一の長さなのかどうかは不明。棚の高さは2mぐらいしかなかったので、どのようにひょうたんが伸びるのでしょう…。

いろんな挑戦があるものですね。看板がなければ気がつきませんでした。

kimita02.jpg   kimita01.jpg


その後、神之瀬峡に行きました。離合しにくい細い道を通り、高暮ダムへ。暑い日差しにやられそうになりながら、堰堤に立ちました。

昔来たことがあります。戦前からこんな大きなダムが造られていたとのはびっくりです。

kimita08.jpg   kimita09.jpg


その後、来た道を戻りましたが、人が少ないと感じました。渓谷自体は面白く、今の時期なら川で泳いだり遊んだりする人が多そうですが、本当に少ないのです。原因は水の汚さでしょうか…。車の中から見ただけですが、当分雨も降っていないのに、濁った感じでしたから。


kimita07.jpg

そういえば神之瀬峡に行く前に「折り紙博物館」に寄りました。元君田上小学校を利用したもので、いくつかの教室いっぱいに様々な折り紙が飾ってあります。折り紙というと「ツル」や「かぶと」ぐらいしか思い出さないおぢさんですが、いろいろなキャラクター等、その圧倒的な量と出来具合に驚きました。

「すごい!!」のひと言です。花、動物、昔話の一場面etc何でも有りです。その精巧さに驚かされます。

kimita03.jpg   kimita04.jpg

kimita05.jpg   kimita06.jpg

折り紙博物館のページ


最後は、道の駅「ふぉレスト君田」に寄り、「はらみちを美術館」に入りました。外から見ると大きく見えたのですが、中にはいると案外狭く、もう少し展示作品があればな、と思いました。入館料は大人300円です。

とてもほんわかする、暖かさを感じる絵です。もうちょっと作品が多ければ…。

kimita10.jpg

はらみちを美術館


あっ、記事タイトルの「ひまわり畑」ですが、「どこだ〜?」と探しまくってようやく見つけたところ、この下の写真状態でした。管理されている人の話を聞くと、今日からすき始めたとのことで、ヒマワリ畑はなくなっていました。今年はあまり咲き具合がよくなかったそうで、来年に期待しています。青空だけは、OKでした。(笑

森の泉の近くにも、いくつかヒマワリ畑がありました。暑さのためか、もう終わりに近いからかヒマワリの花もお疲れモードでした。

kimita11.jpg
posted by おぢさん | Comment(4) | TrackBack(0) | 備北エリア

2007年08月12日

やっさ踊り

三原の夏と言えば、やっさ踊りでしょう。
今年は踊るコースが東西のみになったそうで、踊りの列が長く続いていました。天満屋の解体工事も関係あるとか…。写真の真ん中奥が解体中の元天満屋です。

yassa07-02.jpg


歩道に立って写真を撮っていると、カメラマンの人から注意を受けました。何でも今年から許可がないとやっさ踊りの写真を撮ってはいけないとのこと。えっ?初耳です。自分の家族の写真もダメだそうです。

本当かなあと、家に戻ってネットで確認してみると、許可がないとコースに入っての撮影はダメなようで、歩道で普通に撮っていたおぢさんは問題ないじゃないですか!!

写真撮影時の注意

yassa07-03.jpg   yassa07-04.jpg

すごい人、すごい熱気…踊っている人達は、みんな汗びっしょりだけどいい顔していました。楽しんで踊っている感じでした。


この下の写真は、駅の構内に展示してあったものです。なかなか上手に作ってありました。これなら写真撮影はOKかな?(笑

yassa07-01.jpg

ということで、今日はやっさ祭りの最終日。花火大会が沼田川で開かれれます。

yassa07-05.jpg
posted by おぢさん | Comment(0) | TrackBack(0) | 三原市

2007年08月08日

ハッチョウトンボ

7月15日、世羅ゆり園や夢公園に行った後、三原市のとある場所の湿地に行きました。目的はハッチョウトンボという日本一小さなトンボを見るためです。

このトンボは世界的にも小さい部類にはいるそうで、何と羽を広げても2pぐらいの大きさしかありません。1円玉の直径が2cmなので、1円玉に体全部が入る大きさになります。雄の体は鮮やかな赤色なので、小さくてもすぐに見つかろうと思っていました。しかし、なかなか見つかりませんでした。

hacchotonbo03.jpg


しばらく探して、ようやく1匹のトンボを見つけました。本当に小さなトンボです。色が鮮やかな赤でなかったら見つけられないでしょう。雌もいましたがこちらは地味な色です。

生まれて初めてこんな小さなトンボを見ました。雄の鮮やかな赤がきれいでした。こういう小さな生き物が生き残れる環境を大切にしていかなければ…と思いました。

hacchotonbo02.jpg   hacchotonbo04.jpg


一番大変だったのは、あまりにも小さくてデジカメのピントが合わないこと。多量のピンぼけ写真が出来上がりました。雌は残念ながら全てピンぼけ。写真は8月1日に撮り直したものです。

hacchotonbo05.jpg
posted by おぢさん | Comment(2) | TrackBack(0) | 三原市

2007年08月05日

オーガニック カフェ まほろば

少し前の話ですが、7月7日の七夕の日に、「まほろば」というお店で食事をしました。時々福山の松永に行くことがありますが、信号待ちの時、気になっていた店です。(駐車場は、道路をはさんだ向かい側)

mahoroba04.jpg

お店のブログ

まほろば紹介ページ


このお店は食材にこだわっているそうで、体に優しくまた、環境に優しいお店です。環境に優しいというのは、なんと「マイ箸」を持参すると、10パーセントの割引があること。この情報を事前にカミさんがキャッチしていたので、マイ箸を持ってでかけ、奥の座敷に座りました。

マイ箸持参はいいアイデァだと思いました。お店にも常連さんのマイ箸が置いてありました。

mahoroba01.jpg


ランチメニューは、とりめしランチ(840円)、おむすびランチ(840円)、釜玉うどんランチ(735円)の3種です。カミさんがとりめしランチ(写真左)を、おぢさんがおむすびランチ(写真右)を頼みました。

なかなか面白いメニューだなと思いました。

mahoroba02.jpg   mahoroba03.jpg


出てきた料理ですが、食材等にはこだわっていらっしゃるようです。しかし、おぢさんにはあまりにも量が少ない…。腹八分目がいいのでしょうけど…。最後に出てきたコーヒーは、入れ物が和風で面白かったですね。

女性の私も「もう少し……。」と感じましたが、腹八分目が体にはいいのですよね。コーヒーの器は素敵でした。

mahoroba05.jpg
posted by おぢさん | Comment(4) | TrackBack(0) | 食事&宿

2007年08月01日

「大滑の滝」〜三原の滝シリーズ Vol.4〜

だいぶ前の話ですが(6月17日)、三原市小泉町の白滝山に行った帰りに滝へ寄りました。
この滝は以前から気になっていたものの、樹木が生い茂っていて全体が見えない滝でした。しかし、今回行ったときは、たぶん地元の方が整備されたらしく、滝全体が見えるようになっていました。

oonamera-taki01.jpg


滝と言っても普通の滝のように水が落下しているわけではありません。大きな岩の上を流れている感じです。この日は岩の表面が濡れているぐらいでしたが、普段はどのくらい流れているのでしょうか。

oonamera-taki03.jpg   oonamera-taki02.jpg


今年の梅雨は空梅雨気味で雨が少ないのでこのぐらいなのかもしれませんが、雨が多いときなどはもっと流れているのかもしれません。また機会があれば確かめに行ってみたいと思います。

こんな所に滝があったのですね。今回は行くことができませんでしたが、機会があれば行ってみたいと思います。

場所は、小泉町側から登る白滝山の途中にあります。滝がある所に駐車スペースはありませんが、滝の200mぐら下の道路脇に広場があります。滝から100m上がった道路脇に狭いスペースがあります。道路は離合しにくい所があるので、ご注意を。
posted by おぢさん | Comment(0) | TrackBack(0) | 三原市