2015年07月31日

すなみ海浜公園

毎年行っている近場の海水浴場「すなみ海浜公園」に、この前(7月26日)、行ってきました。11時前に着きましたが、人が多いだろうなあと思いつつビーチに行くと、思ったより人が少なかったですね。天気がよかったので不思議でした。(写真左がいつも行く南ビーチ,右が北ビーチ)

2015-sunami01.jpg   2015-sunami06.jpg


ここの海水浴場は藤棚があるので、その下では気持ちよく過ごすことができます。また、売店もあり食べ物や飲み物があります。

2015-sunami02.jpg   2015-sunami04.jpg


海で泳いでいると人が少ない理由が分かってきました。それは、ちょうど干潮だったたのです。潮がかなりひいていて、泳ぐスペースがかなり狭くなっています。

そのために人も少なめだったのでしょう…。プールの方は、多くの子どもたちでにぎわっていました。

2015-sunami03.jpg


プールからの帰りにレストランゾーナ近くを歩いていたら、キョウチクトウの花が咲き始めていました。夏本番ですね。

2015-sunami05.jpg

posted by おぢさん | Comment(0) | TrackBack(0) | 三原市

2015年07月21日

君田のひまわり畑&海洋堂フィギュア

梅雨明け宣言が行われた7月20日、青空の下で咲き誇るヒマワリの花を見に三次市君田町へ行ってきました。今回初めて世羅から先の「やまなみ街道」を走りました。本当に山だらけです。

2015-miyoshi01.jpg


まずは昼食をとろうということで、三次インターの先にある口和インターで降りて「道の駅ふぉレスト君田」へ行きました。

2015-miyoshi16.jpg


「囲炉裏」という食事処で「ワニ料理」を食べようと思いましたがワニがなく、おぢさんは「霧里豚まぶし」を、カミさんはショウガ焼き定食を、+Aはミニ海鮮丼を頼みました。写真の左が霧里豚まぶしですが、霧里(きりり)は君田特産の「霧里ポーク」だそうです。おぢさんが食べた霧里豚まぶしはとても柔らかく、甘辛いたれと相まっておいしかったです。真ん中の写真は、半分まで食べた丼をお茶づけのようにして食べているところです。名古屋で食べた「ひつまぶし」のような感じであっさりして食べやかったですね。ただおぢさんは、パンチのある味付けのまぶしにしない方もいいです。

2015-miyoshi03.jpg  2015-miyoshi04.jpg  2015-miyoshi02.jpg


道の駅を出た後は、今から6年前に行ってふられたひまわり畑です(君田ひまわり前回のブログ前回のブログ)。行く時期が遅かったため、すでに刈り取られた状態でしたが、今回は大丈夫でした。ひまわり畑付近に着くと、渋滞気味になりました。多くの人が幹線道路沿いに車を停めて歩いて行っているので、畑近くまで車で行くのはあきらめ、歩くことにしました。

2015-miyoshi05.jpg  2015-miyoshi06.jpg  2015-miyoshi08.jpg


どのヒマワリも同じ方向(東側)を向いています。ヒマワリは太陽の方を向く、という話をきいたことがありますが、調べてみると若いうちは太陽の動きに合わせ、そのうち東や西を向いたまま動かなくなるそうです。右の写真は、後ろ側から撮ったものです。

2015-miyoshi07.jpg   2015-miyoshi09.jpg

前回は刈り取られた後でしたが、今回のひまわり畑は圧巻でした。地元の人は、ひまわりを育てるのはもちろんのこと,交通整理とかも大変そうでした。


この後、風土記の丘に行きました。ここでは「海洋堂フィギュア展」が開かれており、歴史民俗資料館に入るとケンシロウがお出迎えしてくれました。

2015-miyoshi10.jpg   2015-miyoshi11.jpg


展示場は三脚の使用やストロボをたかなければ写真撮影がOKだったので、写真を撮りました。懐かしのアニメからリアルな動物などかなりの数の展示物がありました。ゲゲゲの鬼太郎や恐竜,昭和のフィギュアがよかったですね。

2015-miyoshi12.jpg  2015-miyoshi14.jpg  2015-miyoshi13.jpg


フィギュアマニアの人には、たまらないものでしょうね。おまけのシリーズは、よく作られているなあと思いました。ひまわり畑のひまわりは、自由に刈り取られるのがよかったです。家に持って帰り飾っています。

2015-miyoshi15.jpg
posted by おぢさん | Comment(0) | TrackBack(0) | 備北エリア

2015年07月12日

三原七夕ゆかた祭り

昨日(7月11日)の夕方、ここのところ毎年行っている「三原七夕ゆかた祭り」に行きました。駅前広場に着くとすでに人でいっぱいでした。たまたま親戚の子どもと会い、いっしょに食事となりました。生ビールを飲みつつ神明鶏のモツ煮やおむすびを食べました。

+Aは、浴衣を着て出かけました。浴衣コンテストがありましたが、次の日なので参加できませんでした。

2015-yukatamatsuri01.jpg   2015-yukatamatsuri03.jpg


ステージではやっさ踊りのPRが始まりました。今年も熱くなりそうです。次は,なんと市長さんの登場。そして,太鼓や篠笛の演奏がありました。

2015-yukatamatsuri02.jpg  2015-yukatamatsuri04.jpg  2015-yukatamatsuri07.jpg


ミハラッキーもあります。+Aが遊びたがっていましたが、時間がなかったのと明日も来るためやめにしました。少しするとミハラッキーがかたづけらていました。小さくなりますねえ。

2015-yukatamatsuri05.jpg   2015-yukatamatsuri06.jpg


私は次の日も+Aとその友だちと一緒に行きました。+Aがミハラッキーに入りましたが、暑くて途中で出てきました。夜はいいですが、昼は暑いですね。曇っていても日に焼けました。


posted by おぢさん | Comment(0) | TrackBack(0) | 三原市

2015年07月04日

国蝶 〜オオムラサキ〜

この前の日曜日(6月28日)、国蝶のオオムラサキを観に府中市僧殿町にある「オオムラサキの里」に行ってきました。

2015-omurasaki02.jpg


大きなゲージがあり、その中に数多くのオオムラサキが飛んでいました。

2015-omurasaki06.jpg


ボランティアの方から、雄と雌を教えていただきました。左側が雄(小さいが色がきれい)、雌(大きいが色が茶色っぽい)

2015-omurasaki05.jpg   2015-omurasaki15.jpg

雄はとてもきれいな色で、きれいでしたね。


運よくチョウの一生のさまざまなシーンをすべて見ることができました。
まずは、雌と雄の交尾前。2頭のチョウが近づいてきました。このままうまくいけば、交尾となりますが、この時は雌が逃げて行きました。

2015-omurasaki11.jpg


別の個体が交尾中です。

2015-omurasaki08.jpg


エノキの葉に卵を産みます。卵の大きさは直径1mm〜2mmぐらい。ボランティアの方が「仁丹ぐらいの大きさ」とおっしゃっていました。若い人は仁丹を知らないでしょうが…。

2015-omurasaki10.jpg


幼虫です。角がはえています。オオムラサキの寿命は1年で、この幼虫のまま冬を越し、翌年にさなぎから成虫になります。

2015-omurasaki09.jpg


幼虫はさなぎになりますが、ゲージの中のさなぎは集められていました。ずらっと並んでいるのが全てさなぎで、洗濯バサミでとめられています。

2015-omurasaki03.jpg


左の写真がさなぎから羽化した瞬間です。右が羽化から30分ぐらい後のもの。羽が広がってきています。完全に羽が乾くまで、5時間ぐらいかかるそうです。

2015-omurasaki04.jpg   2015-omurasaki07.jpg


ゲージから少しおりたところに「オオムラサキの里」という施設がありました。この日は特に何もありませんでしたが、毎年7月の第1日曜日に「オオムラサキを自然に帰す集い」が催されるそうです。

オオムラサキを守る会の人がいろいろとお世話をされているようです。かなり大変そうですが、楽しんでやっておられるみたいでした。ありがとうございました。
posted by おぢさん | Comment(0) | TrackBack(0) | 備後エリア