2016年10月30日

黒滝山

この前、石風呂温泉に入りに竹原市の忠海町に行きました。その時、北側に「黒滝山」が見えていました。三原市の白滝山から縦走して黒滝山に登ったことはありますが、まだおぢさんは忠海側から上ったことはありませんでした。今日は天気もよく、3人で登ってみることにしました。

小泉町に向かう道から黒滝山側に入り、駐車場に着きました。思ったより車が多く停まっていたので少し離れたところに停め、登山開始。すぐに「さくら堂」という休憩所があり、バイオのトイレを使わせてもらいました。

2016-kurotakiyama01.jpg   2016-kurotakiyama02.jpg

山道の途中にはいろいろなものがあります。
写真左が平山郁夫画伯がスケッチをした場所,右が乃木将軍が座った場所です。

2016-kurotakiyama04.jpg  2016-kurotakiyama03.jpg


亀の形をした岩や幸福の鳥居くぐりもありました。幸福の鳥居はとても小さくて(バーナーのボンベと比べてください。)、なんとかくぐり抜けることができました。この他、途中には眺めがいい休憩場所が何か所かあり、気持ちよくのんびり登ることができました。

2016-kurotakiyama06.jpg   2016-kurotakiyama10.jpg


頂上に着く前に観音堂や鎖場に行く予定だったのですが、なぜかいきなり山頂にたどり着きました。山頂のすぐ横に石鎚神社があり、ここからの眺めは最高です。少しかすんでいたので四国山脈は見えなかったものの、多々羅大橋や瀬戸内海の島々が見えました。この前入った石風呂も!

2016-kurotakiyama09.jpg   2016-kurotakiyama08.jpg


久しぶりに登ったけど、イノシシの跡がかなりありました。鎖場から登ろうと思いましたが、道を間違えてしまい、鎖場を降りて改めて登りました。登るより降りるのが大変です。


2016-kurotakiyama07.JPG


このくさり場がおもしろくて、2回おりて2回のぼりました。1回目はお父さんとおりたけど、ごはんを食べて2回目は一人でおりてのぼりました。

他の表示はたくさんあるものの鎖場の表示が山道になかったので、安全面を考えてあえてされていないのかもしれません。
黒滝山から白滝山へ縦走も考えていましたが、今回はパス。また機会があれば、縦走をしてみたいですね!
posted by おぢさん | Comment(0) | TrackBack(0) | 安芸エリア

2016年10月10日

石風呂温泉 〜竹原市忠海町〜

この前(10月10日)、竹原市忠海町にある「石風呂温泉」に行ってきました。忠海町に入り線路を渡って家が並ぶ細い道を通り(この区間は離合不可能)、床浦神社に着きました。その隣に石風呂のある「旅館 岩乃屋」がありました。どこかで見た風景だな思っていると、以前「花田 」のロケ地巡りで着た場所だったことを思い出しました。(2006年ブログ「映画「花田少年史」 竹原市のロケ地」へ)あれから10年近く経っていますが、大きく変わってはいないようです。

2016-ishiburo01.jpg   2016-ishiburo02.jpg


旅館で料金を払い(大人1200円)、旅館の横を通っていくと、海沿いの岸壁を掘って作られた石風呂の建物が見えます。細い道を通っていくと石風呂や休憩所に着きました。ここはもと船を隠す場所だったそうです。なぜ船を隠さなければならないかというと、対岸に毒ガスを作っていた大久野島があり、そこは地図から消された島で秘密の場所だったからです。

2016-ishiburo03.jpg  2016-ishiburo11.jpg  2016-ishiburo04.jpg


ここは男女混浴で、水着等を着て入ります。休憩所に用意してある麻袋を引き(汗などで床のむしろが濡れるのを防ぐため)、自分たちのスペースを確保。天井は花崗岩がむき出しで、窓の向こうには海が見えます。あらかじめ水着を着ていたので,服だけを脱いでさっそく石風呂へ入りに行きました。

2016-ishiburo07.jpg   2016-ishiburo06.jpg


石風呂はサウナのようなもので、2つある石風呂の片方で火が焚かれ、もう片方にも熱が伝わるようになっています。火が焚かれた後の石風呂にも入ることができますがかなり熱そうで、おぢさんはあきらめました。もう片方のぬるい方には入りましたが、オープンと同時に入ったのでかなり熱かったです。でも、だんだんと慣れて気持ち良くなってきました。煙が天井から降りてくるのが見えてきて、熱とともに体に効いてきそうでした。煙のおかげで、当分スモークの香りがしていましたが…。

一番右の写真は+Aの足に付いていたアマモです。これがびっしり敷き詰められていました。(写真の左側に写っている方は、石風呂を管理されいる方です)

あつくてけむりくさくて、いやでした。3回入ったけど、すぐに出ました。

2016-ishiburo08.jpg  2016-ishiburo09.jpg  2016-ishiburo10.jpg


前々から知っていたけど、なかなか行く機会がありませんでした。ここが閉まることを知って、2週間前に行きました。とてもよかったので、今回は家族で行ったのですが、もっと早く行けばよかった…。普通のサウナはすぐ息苦しくなってくるけど、ここは海藻のアマモを使っているからか、そうでもありません。何度も入ることができます。県内に限らず大阪の常連さんや岡山や東京からも来られていました。後継者がおられず閉められるということで、とても残念です。

2016-ishiburo12.jpg

上の写真は、薪を貯蔵しておく倉庫です。この薪もそうですが、石風呂の下に敷かれている海藻のアマモも近辺では取れなくなっているようです。

石風呂は、11月6日までだそうです。


posted by おぢさん | Comment(0) | TrackBack(0) | 安芸エリア